ネットで飛び交うモットンの悪評・酷評について

ネットで飛び交うモットンの悪評・酷評について

 

ネットで「モットン」と検索してみると、組合せの関連ワードに、「ステマ」や「悪評」や「怪しい」「ステマ」といった気になるワードが出てきます。

 

「ステマ」とは聞きなれない方もいるかもしれませんので、簡単に説明します。

 

ステマは「ステルスマーケティング」の略で、広告であることを開示せずに何らかの商品を宣伝するマーケティング法です。

 

ネットが普及してネット上でのステマも多いですが、テレビ番組でもよくあります。テレビショッピングなどではなく、バラエティ番組などの中で商品が出てくるなど。

 

一般的にステマはなんとなく悪い印象をもたれやすいのですが、一種の宣伝方法です。

 

しかし、ブログやサイトを利用して雑なステマも少なくないため、あまり良い印象を持たれません。

 

とくにアフィリエイターと呼ばれる、アフィリエイトプログラムを目的として商品を紹介している人のサイトなどは、使ってもいないのにあたかも愛用しているかのように紹介するような内容や、良いことばかりをアピールしているものが多く、それが悪い印象の元になっています。

 

モットンについては使用している人にアフィリエイトプログラムを実施しているようです。

 

簡単にまとめると、ステマすべてが悪いわけではありません。

 

ただし、あまりに良い話ばかりを取り上げているようなら、少し疑った方が良いと思います。いくつかのサイトを閲覧し、悪い口コミもリアルに掲載されているところが信頼できるのではないでしょうか。

 

次に、モットンの「悪評」についてですが、ひとつは製造国にあるようです。

 

これもまた偏った意見になりますが、製造国が中国であることが問題のようです。

 

しかし一般的に中国に製造を任せているメーカーは多く、有名な高級ブランドなどもそうです。ブランド名があっても、製造国をみてみると中国というものは多いですよ。

 

ですので、ここはあまり気にすることではないでしょう。

 

それから、モットンはネット通販であるため詳細が分からないという不安があるようですが、公式サイトをくまなく見てみると、製造国から材料、構造、サイズ、硬さなどすべて細かく表示されています。耐久性試験のデータなども開示されています。

 

宣伝が少ない分、怪しいという印象も持たれるようですが、モットン宣伝費をあまりかけていないからこそ、価格が比較的安価なのではないでしょうか。