モットンを長持ちさせるコツ

モットンを長持ちさせるコツ

 

人生の3分の1は睡眠と言われています。健康のためにも睡眠は重要であることから、睡眠環境に対して投資する方が増えています。

 

腰痛のある方にとって、高反発マットレスは人気です。

 

ただ、高反発マットレスは価格が高めです。モットンは比較的安いのですが、耐久性は高く約11年持つと言われています。

 

しかし、使用方法次第で寿命には変化が出てくるものです。

 

マットレスは毎日使うものですから、面倒だからとか忙しいことを理由にお手入れをおこたると、10年も持ちません。

 

価格は比較的安いと言っても、長持ちさせたい買い物です。

 

ここでは、モットンを長持ちさせるコツをご紹介します。

 

上下裏表、バランスよく使うこと」です。

モットンを長持ちさせるコツ

一面だけをずっと使い続けていると、その部分のみにダメージが集中してしまいます。

 

時々、裏返したり、上下反対にして使うようにしましょう。定期的に干す時に変えるのもおすすめです。

定期的に干すこと」です。

モットンを長持ちさせるコツ

モットンは丸洗いすることはできませんが、お手入れは簡単です。陰干しするだけです。

 

壁などに立て掛けるようにして、裏表全体的に干すようにしましょう。

 

陰干しすると湿気が抜けて、乾燥していきます。モットンそのものは重量も軽いので簡単に干すことができます。1週間に1回、2週間に2回でも、定期的に干すようにしましょう。

敷きパッド・ベッドパッドを使うこと」です。

モットンを長持ちさせるコツ

マットレス用の敷きパッドは安く購入できますし、モットンに適した敷きパッドもあります。

 

パッドを使うことには、湿気対策の意味があります。モットンは通気性が良いのですが、床などに直に敷いていると湿気がこもってしまうため、敷きパッドを使ってなるべく湿気がこもらないようにしましょう。

 

ちなみにモットンは夏は少し暑く感じるので、ひんやり系の夏用のパッドがおすすめです。

 

以上のように、長持ちさせるようにメンテナンスや工夫をすることで、反発力を維持し、高反発によっていつまでも腰痛対策になります。