腰痛の痛みはマットレス次第?マットレスの重要性

腰痛の痛みはマットレス次第?マットレスの重要性

 

腰痛が起こる原因は色々とあります。病気が関連しているケースの他に、運動不足やハードな運動、デスクワークで常に座りっぱなし、立ち仕事で立ちっぱなし、姿勢が悪いなど。

 

この他にも、腰痛の原因はあります。実は、寝ている時の姿勢が腰痛を引き起こすこともあります。

 

場合によっては、マットレスや布団によって腰痛になることもあります。体のゆがみや肩こりの原因にも。

 

それほど、腰痛を和らげるためには、マットレスが重要と言えます。

 

腰痛に悪いマットレスや布団を使っていると悪化しますし、腰痛に良いマットレスを使っていると負担が軽減されて痛みも緩和されます。

 

猫背などは体に良くないと言われるのと同じく、寝ている時の姿勢も体のあらゆる部分に影響してしまいます。

 

寝ている時の姿勢の理想は、背骨がS字をえがくような状態とされています。体重のかかり方にもポイントがあり、仰向けに寝ている時は頭部に8%で胸部に33%、臀部に44%で脚部に15%の割合で体重がかかる状態が良いとされています。

 

腰痛に高反発マットレスが良いと言われている所以は、ここにあります。

寝た時に余計に沈まないため姿勢が保たれやすく、体圧分散によって、寝姿勢をキープすることができます。

 

そのため、高反発マットレスは腰痛に良いと言われています。

 

また、高反発マットレスの硬さの理想は体重によっても異なります。

 

大体で言うと、次の通りです。

 

50キロ以下なら100〜150ニュートン、50キロから80キロなら150〜160N、80キロから100キロなら160〜180N、100キロ以上は180〜200Nです。

 

Nはニュートンの略で、硬さをあらわしています。

 

モットンでも、体重に合わせて選びやすく種類があります。

 

100N・140N・170Nの3タイプから選べるシステムになっています。

 

腰痛は多くの方が悩んでいる体のトラブルです。

 

たとえば、デスクワークが多く常に腰が痛いというように若い人から、年を重ねて筋肉などが衰え腰に痛みが出る高齢者。どのような世代でも、腰痛を改善するために、マットレスの買い替えも検討してはいかがでしょうか。

 

整体やトレーニング、マッサージなどで対策する方法もありますが、マットレスの買い替えもおすすめです。

 

腰痛対策選びの条件

 

失敗しないための腰痛対策のための高反発マットレス選びで大切な条件をいくつかご案内します。

 

まずひとつは「耐久性」です。

 

毎日寝るので、マットレスは毎日使うものです。

 

使い続けているうちに、マットレスも悪くなっていきます。丈夫さが失われ、反発力も低下していきます。すぐにくたびれて反発力が失われてしまうと、高反発マットレスではなくなります。

 

高反発マットレスを長期的に使うためにも、耐久性の高いものを選びましょう。

 

耐久性については、マットレスの通気性や素材と密度によって分かります。

 

ウレタンフォームは通気性がよく耐久性が高いとされています。とくに、密度が30D以上なら理想的です。マットレスの中身が詰まっている状態なので、耐久性があるというわけです。

 

また、通販なら公式サイトで、耐久性の試験について公開しているものもあります。

 

モットンも耐久性の試験について公開しています。

 

次に、「体重に合わせて選ぶ」です。

 

上部でも説明していますが、体重に応じて理想的な反発力は異なります。

 

ご自身の体重に合わせて、適切な反発力のものを選ぶようにしてください。合わないものを選ぶと、かえって体に負担をかけてしまうことがあります。