高反発マットレスが腰痛に良い理由

高反発マットレスが腰痛に良い理由

 

今では低反発マットレスと反対に、高反発マットレスが話題になっています。

 

とくに腰痛がある人にとっては高反発マットレスが良いという話は広まっています。

 

高反発マットレスは理想的な寝姿勢をキープできて、腰など重い部分に負荷かかからない設計になっているため、腰痛が楽になる仕組みになっています。

 

腰痛に高反発マットレスが良い主な理由はふたつ。

「寝姿勢がキープされること」「寝返りが理想的な回数になること」

 

低反発マットレスややわらかい布団などに寝ると、腰など重い部分が沈むため、大きな負担をかけてしまいます。この結果、朝起きた時にツラい腰痛が起こります。

 

一方で、高反発マットレスの場合は、寝た時にマットレスが反発するため、下から支えられるように寝姿勢がキープされます。理想的ななめらかな背骨の状態、腰に余計な負担をかけない姿勢が維持できるため、朝起きた時のツラい腰痛が改善されます。

 

全身の体圧が分散されることによって、一点に体重がかからず、バランスがとれることが、腰痛が改善される理由のひとつです。病気であるヘルニアの予防にも適しています。

 

次に寝返りの回数ですが、腰痛を改善するためには適度に寝返りをうつことが必要になります。

 

一般的に良質な睡眠がとれると言われる低反発マットレスは、体が包み込まれるような感覚で、寝返りが自然と減る設計になっています。寝返りが多いと疲れることから、熟睡感が得られることが低反発マットレスのメリットです。

しかし寝返りが減ることは腰痛にはよくありません

 

寝返りが極端に多すぎても問題ですが、高反発マットレスではその点を踏まえて作られているため、理想的な寝返りの回数が実現されます。

 

私もモットンを使っていて、寝返りも楽ですし、実感しています。

 

高反発マットレスにしたのに腰痛が治らなかった… なぜ?

 

腰痛を改善する目的で高反発マットレスに買い替えたにもかかわらず、「腰痛が治らなかった…全く効果を感じられなかった…」と、残念な結果のケースもあります。

 

高反発マットレスは設計上、腰痛に良いはずなのですが、なぜ効果を得られないのでしょうか。

 

それは、「自分に合っていない」ということが大きな理由と考えられます。

 

たとえば同じ高反発マットレスでも、Aさんは腰痛が治っても、Bさんは効果を実感できないこともあります。このように、個人の相性も重要になります。

 

また、一般的に高反発マットレスと言っても、反発力は異なります。

 

モットンの場合は、硬さが3種類から選ぶことができます。

 

100N、140N、170Nというタイプがあり、体重に合わせて選ぶことで、腰痛を改善できるでしょう。